2015.01.23更新

こんにちは。 今日も天気は晴れでしたが風が強いです。

 

本日は、数回に渡ってお伝えしてきた 右下奥歯を他院で治療していたが、中の土台が取れないので抜歯してインプラントとの診断を受けた方の症例です。

一連の治療のまとめをさせていただきます。

ym

今回の治療で撮影したX線写真のまとめです。2回目、つまり治療開始1回目で根の古い材料はほとんど取りきれ、根管口もしっかりと明示できました。

過去blog(抜歯してインプラント①)の時に書きましたが、初診でいらっしゃる前に5回治療を受けていて、5回のうち4回先生が変わったそうですが、担当医制ではないにしろ、変わりすぎです。そして、人が変わっても治療が進まないのはどういうことでしょうか……

当院で治療開始し、4回目で根管充填できました。そのうち1回は安全のための消毒を1回入れたので、実質3回で根の治療は終わりです。

加えて尖孔封鎖が1回余計に必要でした。

もし、初めからマイクロスコープなどをしっかりと使用していれば、3回で治療は終わっていた上に予後もより良かったでしょう。

それ以前に、神経の治療を必要とする前に歯を守ることが出来たかもしれません。

 

ym

初診時。歯肉に歯が埋もれていてまともに治療できる状態ではありませんでした。

ym

現在、仮歯中。食事など問題なく使用できています。

歯茎の状態もかなり回復してきたので、そろそろ最終的なかぶせものの型どりにいけそうです。

 

過去のblog

http://www.cojidental.com/blog/2014/12/post-32-22695.html

 

http://www.cojidental.com/blog/2014/12/post-33-22760.html 

 

http://www.cojidental.com/blog/2014/12/post-34-23631.html

 

http://www.cojidental.com/blog/2014/12/post-35-23633.html

 

http://www.cojidental.com/blog/2015/01/post-44-31329.html 

 

http://www.cojidental.com/blog/2015/01/mitei-31330.html 

 

http://www.cojidental.com/blog/2015/01/post-50-32249.html

 

浦和駅から徒歩1分。さいたま市浦和区で、自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

マイクロスコープ・CTを完備し、個室にてしっかりと時間を確保し、ご自身の歯を残すことを第一目標に予防と治療を行ないます。

 

『歯を失う原因は老化ではない』について。

 

事故などの外傷を除き、歯を失う初めの原因は虫歯と歯周病です。これは、感染症であり原因を除去すれば予防をすることが出来ます。 予防法に関してはとてもここで話が終わる内容ではない(妊娠前からの母子感染を意識することまで話が広がってしまう)ので、割愛させていただきます。ただし、基本的にはプラークコントロールが全ての基礎と考えております。

そして、う蝕などで歯牙の一部または全部を失った場合、今度は我々歯科医師の治療の良し悪しが非常に大きなウェイトを占めてきます。詰めもの、被せ物の精度が悪ければ、患者さんがどんなに努力をしてプラークコントロールしてもさらなる歯の喪失を招きます。噛み合わせがしっかりと調整出来ていなければ、力の不正なコントロールにより歯を失います。

それらを放置することは、噛めないだけに留まらず顎関節症を引き起こしたり、消化不良による身体への悪影響、姿勢の悪さなどを引き起こします。

つまり、歯を失う原因は老化ではないが、『歯を失うことで見た目だけでなく、全身の機能の老化を招いている』というのが当院におけるアンチエイジングの考え方です。

 

当院では、よく噛めてバネも必要のない精密な入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯リーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。

 

 

当院のオフィスホワイトニングは、半導体レーザーを用いて、最短で2分〜4分でホワイトニングが出来ます。求める白さによりますが、長い時間光を当てればより白くすることも出来ます。

ただし、よりしっかりとした白さをご希望の場合はホームホワイトニングを併用した方がより良いです。

 

投稿者: コジデンタルオフィス

2015.01.12更新

こんにちは。 今日は成人式ですね。

本日も連日IPSG研修会に参加させていただいております。

 

Ipsg

改めて、テレスコープ義歯の素晴らしさを実感し、またそれを実践するにはしっかりとした咬合・部分床義歯・総義歯の知識と技術が必要であることが理解できました。

 

また、昨日の続きですが、『歯を失う原因は老化ではない』について。

事故などの外傷を除き、歯を失う初めの原因は虫歯と歯周病です。これは、感染症であり原因を除去すれば予防をすることが出来ます。 予防法に関してはとてもここで話が終わる内容ではない(妊娠前からの母子感染を意識することまで話が広がってしまう)ので、割愛させていただきます。ただし、基本的にはプラークコントロールが全ての基礎と考えております。

そして、う蝕などで歯牙の一部または全部を失った場合、今度は我々歯科医師の治療の良し悪しが非常に大きなウェイトを占めてきます。詰めもの、被せ物の精度が悪ければ、患者さんがどんなに努力をしてプラークコントロールしてもさらなる歯の喪失を招きます。噛み合わせがしっかりと調整出来ていなければ、力の不正なコントロールにより歯を失います。

それらを放置することは、噛めないだけに留まらず顎関節症を引き起こしたり、消化不良による身体への悪影響、姿勢の悪さなどを引き起こします。

 

つまり、歯を失う原因は老化ではないが、『歯を失うことで見た目だけでなく、全身の機能の老化を招いている』というのが当院におけるアンチエイジングの考え方です。

 

 浦和駅から徒歩1分。

さいたま市浦和区で、自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

 

当院では、よく噛めてバネも必要のない精密な入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯、リーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。 

 

投稿者: コジデンタルオフィス

2015.01.11更新

こんにちは。  今日は秋葉原にある稲葉教授主催のIPSG研修会に参加させていただきました。

 

日曜日なので、秋葉原は朝からとても賑わっていました。

periodontitis 浦和駅より徒歩1分。さいたま市浦和区で、自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス 浦和です。 マイクロスコープ・CTを完備し、個室にてしっかりと時間を確保して、ご自身の歯を残すことを第一目標に予防と精密な治療を行ないます。 マイクロスコープはダイレクトボンディングや根管治療(根の治療)では欠かせない存在です。 インプラントもCTを用いたテンプレートを作成し、狂いのない安全な手術を提供しております。  入れ歯(義歯):当院では、よく噛めてバネも必要のない精密なドイツ式の入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯やリーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。また、マグネットを用いた入れ歯も選択肢として非常に素晴らしいものです。  今まで入れ歯だとよく噛めないやはずれやすい、痛いなどでお困りの方は、是非ご相談ください。インプラントも非常に良い治療法であることは間違いないですが、ドイツ式の正統派コーヌステレスコープ義歯は本当に素晴らしいものです。  審美歯科・アンチエイジング:当院のオフィスホワイトニングは、半導体レーザーを用いて、最短で2分〜4分でホワイトニングが出来ます。光をあてる時間が短いほうが歯へのダメージが少なく、知覚過敏などの不快症状を起こしにくいです、 求める白さによりますが、長い時間光を当てればより白くすることも出来ます。 ただし、よりしっかりとした白さをご希望の場合はホームホワイトニングを併用した方がより良いです。        歯並びは、先天的(生まれつき)であったり、後天的(乳歯列時代の乳歯早期喪失による永久歯のはえるスペース不足や外傷など)にも不正を生じます。  では、このような虫歯はどうやったら予防できるのでしょうか? 歯並びを良くすればそのリスクを減らすことは出来るでしょう。  しかし、最も大切なことはとても単純です。 しっかりとした歯磨きと定期健診です。  しっかりとした歯磨きをするには、お口に合った歯ブラシを使うことや正しいブラッシング法を行うこと・歯ブラシ以外の補助清掃器具(歯間ブラシとデンタルフロス)を併用することです。  ところが、それだけではダメです。 もっともっと重要なことは、ご自身のお口の中(歯並びや歯の形)を知ることです。  それがわかっていれば、どこに何を使って、どのように磨けばいいかがわかるはずです。  この方もわたくしが写真を活用して説明させていただいて、初めてご自身の歯が手前に傾いてはえていることを知りました。  健康診断などでご自身のコレステロール値や尿酸値などの血液検査の結果を把握するように、消化器官の入り口であるお口の状況・状態も是非しっかりと把握してください。    implantだけではなく、cariesやroot canal treatmentも専門に行っています。 また、入れ歯や顎関節症でお悩みお困りの方も専門外来併設しております。

 

今日の講習会で改めて、

『歯を失う原因は老化ではない』

ということを再認識しました。歯を失った結果、咬合高径が低くなり、口角にシワが寄ったり、咀嚼しにくいことによる消化不良などによる身体への負担という意味で、歯を失わないようにすること・失った歯を取り戻すことを、私はアンチエイジングの一環と考えています。

しかし、何度も言いますが歳をとったから歯が抜ける、というのは間違いです。

詳しくは明日へ続きます……

 

浦和駅から徒歩1分。

さいたま市浦和区で、自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

 

当院では、よく噛めてバネも必要のない精密な入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯、リーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。

 

投稿者: コジデンタルオフィス

PageTop