Root canal 根管治療

Root canal根管治療

コジデンタルオフィスができること

根管治療

歯の根元の病気を治す根管治療というのは、歯の治療において最も大切なものです。いくら歯そのものやかぶせものをメンテナンスしていても、土台である根っこに病気があれば、結局すべてが壊れ、また歯の根から治療しなければなりません。そうすると医療費もかさみ、患者さん自身の身体の負担にもつながります。家と同じで地盤が弱ければ、上の部分まで崩壊してしまうのです。

当院には歯科用CTがあるため、見逃されがちな根管の小さな病変も早期に発見が可能です。マイクロスコープの導入により、根の深い細かい部分まで安全、丁寧、素早く治療ができます。衛生面においても治療中は、口と治療している歯の間に境界を作るためにラバーダム(ゴムのマスク)を使用し、根管への細菌の混入を防ぎ、再感染のリスクを抑えるようにしています。

またニッケルチタンファイルを使い、根の形態に沿った的確な処置を施すことができます。
このような欧米式の根管治療により90%以上の成功率をおさめることが出来るのです。

Flow治療の流れ

根管治療の流れ

CTなどでしっかり検査をして原因を知る

初回の検査では、CT撮影をはじめパノラマエックス線写真撮影、フェイスボウによる検査、口腔内写真撮影などくわしく行い原因を究明。
CTでは歯の状態を3Dで撮影することが可能で、2次元では診断できなかった小さな病変なども発見しやすくなり、安全性の高い根管治療につながるという。
検査結果を元に治療計画を作成し、料金、治療法のメリットとデメリットなどを説明。患者とコミュニケーションを重ねながら治療を決定する。

根管に細菌が入らないようラバーダムを装着

根管治療では、ゴムのマスクであるラバーダムを使用。口の中には、だ液に含まれる細菌や水分があり、治療の妨げとなる。
ラバーダムで口の中から歯を隔離することにより、水分を防湿し細菌が根管に混入することを防ぎ、清潔な状態で治療を行うことができる。
マスクやグローブなどの診療器具も、可能なものはなるべく使い捨てにし、治療器具の衛生管理も徹底的にすることで、再感染のリスクを抑える。

マイクロスコープを使って治療

根管治療に欠かせないマイクロスコープは、人体に使用する拡大鏡。口の中を肉眼の20倍以上に拡大して見ることができるため、今まで見えなかった根の先端まで診療でき、精密な治療に役立てている。奥歯の裏側などマイクロスコープでは難しい位置も、ミラーを使用せずに見られる機種を採用しているため、より短時間で適切な治療を行うことにつながっているという。

治療の動画を患者に見せながら説明

治療は常に動画で記録し、治療後は動画をモニターで一緒に観ながら「今日はどんな治療をしたか」「どんな点が改善されたのか」「今後どんな治療を行うのか」などをすべて説明される。
動画を目にすることにより、患者自身も自分の歯の状態を客観的に把握することができ、治療へのモチベーションも高まる。
手書きの治療計画書も患者に渡すなど、ドクターと患者が歩み寄り、健康な歯への意識を高めるアプローチを行っている。

治療終了後もメンテナンスで口腔内の健康を維持

治療終了後は、スタッフに次回の予約を確認。治療が終わっても、口内のメンテナンスのため1〜2ヵ月に一度は来院し、定期的なクリーニングを推進。
うまく磨けていない部分のブラッシング指導などを行うのに加え、新しい情報は常に患者に発信する体制を整えている。

根管治療専門サイト