Precise treatment

コジデンタルオフィスの精密な治療

噛めるようにするために

根管治療

マイクロスコープを用いた精密な治療

根の治療で悩んでいる方やお困りの方は是非ご相談ください。当院では、米国式の根管治療を基本に根管治療を実施しております。

従来の日本の保険診療の根管治療とは成功率や予後が格段に違います。

 

歯の根元の病気を治す根管治療というのは、歯の治療において最も大切なものです。いくら歯そのものやかぶせものをメンテナンスしていても、土台である根っこに病気があれば、結局すべてが壊れ、また歯の根から治療しなければなりません。そうすると医療費もかさみ、患者さま自身の身体の負担にもつながります。家と同じで地盤が弱いと、時間をかけて上の部分まで崩壊してしまうのです。
当院には歯科用CTがあるため、見逃されがちな根管の小さな病変も早期に発見が可能です。マイクロスコープの導入により、根の深い細かい部分まで安全、丁寧、素早く治療ができます。衛生面においても治療中は、口と治療している歯の間に境界を作るためにラバーダムを使用し、根管への菌の混入を防ぎ、再感染のリスクを抑えるようにしています。
またニッケルチタンファイルを使い、根っこの形に合わせた詰め物を施すことができます。

 

根管治療とは、

『歯の神経をとる』と言うと、多くの方が『歯を抜いちゃうんですか!?』と反応されてしまいます。
歯の神経をとる治療とは、正式には抜髄(ばつずい)治療や歯髄の全部除去療法なんて呼ばれており、根管治療や根の治療の一種です。
止めることの出来ない痛みを歯の生きている神経と血管を取り除くことにより、その歯の痛覚を無くす処置ですので、『歯を抜くどころか、逆に歯を残すための処置』です。
そして、この根の治療をしっかりとやっておかないと、歯を残すための処置ではなく、歯を抜く処置に逆転してしまうのです。
では、どこでそれを判断すればよいのでしょうか?
いちばん見た目にわかりやすいのは、ゴムのマスク(ラバーダム)を使用しているかどうかです。
以前にもお話しましたが、根管治療や根の治療においてゴムのマスク(ラバーダム)を使用しないで治療を行ってることは、簡単に言えば『泥水の中で配管の掃除をしている』のと同じです。そんなことしていて、中がきれいになるわけありません。逆に汚しているだけです。

インプラント

精密なインプラント治療

歯が抜けてしまった部分に、ネジのようなフィクスチャーを打ちこみ、その上に人工の歯を装着することをいいます。当院では歯科用CTを使うことで、より精 密なインプラント治療ができると考えています。また3Dで撮影したものを使い、コンピュータ上で手術のシミュレーションを行います。その後よりインプラン トを埋める位置が明確にわかり、実際に患者さまへ手術を行うときに、他の歯に傷をつける、打ってはいけない場所にフィクスチャーを打つ…などというミスを 回避します。
カウンセリング後、シミュレーションガイドの製作、一次手術、二次手術、型どり、インプラント完成という流れで、治療期間は約3ヶ月間となります。治療後も月に1度ほどの通院で、口内清掃やインプラントの調整を行っていきます。

 

さいたま市浦和駅徒歩1分の審美歯科治療はコジデンタル浦和です。銀歯を白くしたい、口臭が気になるなどの症状にも対応します。また、マイクロスコープとCTを完備し、安全で精密なインプラントと矯正だけでなく、他院で抜歯と言われた歯を残すための精密な米国式の根管治療(根の治療)も行なっています。そして、入れ歯(義歯)が痛くて噛めないや、金属のバネが気になる方はドイツ式の痛みなくよく噛めるコーヌスクローネ義歯を提供しています。アンチエイジングに関して、医療機関専用サプリメントの販売と最新レーザーによるスペシャルホワイトニングを行っています。無料相談受付中です。インプラントだけでなく、本当に歯のことでお悩みの方は是非お問い合わせください。

ドイツ式入れ歯(義歯)

一人ひとりに合った最適なオーダーメイドを入れ歯を提供致します

このようなお悩みはありませんか?是非ご相談下さい。

□痛いのはとにかく苦手

□笑ったときの銀歯が恥ずかしい

□歯の色や歯並びが気になる

□他院でインプラントを進められた

□歯肉が腫れた・血が出る・口臭がする

□歯を出来るだけ削りたくない

□アゴがカクカクする

□口が開けずらい・痛みがある

□入れ歯が合わない・噛めない

 

上記のようなお悩みの方は、是非ご相談ください。部分入れ歯、総入れ歯のどちらにも対応しています。当院では歯型をとる際に、シリコンを利用しております。これによって、より精密で変形のない型どりが可能になり、仕上がりに差がでるのです。また自由診療では、自分の噛む力に合わせたバネの強度を選べる、歯の裏に金属をつけて強度や厚さを調整できるため、義歯を口に入れたときのフィット感が抜群といえるでしょう。2回の型どり→噛み合わせの確認→実際に歯を並べてのディテール調整→完成と、問題がない場合は5回ほどの通院で出来上がります。

当院では、よく噛めてバネも必要のない精密な入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯やリーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。また、マグネットを用いた入れ歯も選択肢として非常に素晴らしいものです。

 
 
PageTop