Clinic tour

院内ツアー

プライバシーを大切にした、院内づくりを心がけています。

院内ツアー

受付

来院されたら、まずはこちらで受付をお願いします。

待合室

落ち着ける空間の中にアクセントとしてディズニーの絵を飾り、和める雰囲気にしています。

水素飲料水

待合室にあるアンチエイジングに効果的な水素水を用意。ご自由にお飲みいただけます。

カウンセリングルーム

治療内容の相談はこちらで行います。できるだけ親近感を持っていただける、空間作りを心がけています。

ユニット Kavo ESTETICA E80

付き添いの方も同席していただけるように、広さも十分に確保してあります。診療用のチェアーは長時間座っていても疲れにくい「Kavo ESTETICA E80」を導入、治療状況などはモニターを使いながら説明を。

「Kavo ESTETICA E80」のオフィシャルサイトへ≫Kavo ESTETICA E80

※衛生面に優れた水消毒システムの搭載したKavo ESTETICA E80

治療に使用する水は水道水を更に消毒した水を使用し、配管内における細菌の繁殖やバイオフィルムの形成を押さえる院内感染対策を行っております。詳しくは≫水消毒の必要性について

歯科用CT Pan eXam Plus

歯の状態を3Dで撮影することができる機器です。これにより2次元では診断できなかった部分を見ることができるため、安全性の高い根管治療、根管の病気の発見が可能になります。

当院で使用する「Pan eXam Plus」は普通のパノラマ放射線と同じ放射量で1度に5枚のパノラマ画像を取得することが出来ます。断層領域の違うパノラマ画像で診断することにより小さな病変も見逃さずに発見することが出来ます。病変部位は、その後CTで高解像度断層図を撮影することで全体として少ない放射線量で治療することが可能です。

「Pan eXam Plus」のオフィシャルサイトへ≫Pan eXam Plus

マイクロスコープ OPMI pico

人体に使用する拡大鏡で、口の中を肉眼の20倍以上に拡大して見ることができます。根管治療や修復、補綴、外科手術などを、短時間で丁寧で精密に治すことができます。

当院で使用する「OPMI pico」は、MORAインターフェイスにより、奥歯の裏側などマイクロスコープでは難しいポジションもミラーを使用せず直視できるので、より短時間で確実に治療することが可能です。

「OPMI pico」のオフィシャルサイトへ≫OPMI pico

クラスB滅菌器 VACUKLAV 31B+

診療するときに使う治療器具を、高圧蒸気で滅菌する機器。一般的な滅菌器よりも、細菌を確実に滅菌することで、院内感染を防止しています。

「VACUKLAV 31B+」のオフィシャルサイトへ≫VACUKLAV 31B+

器具除染用洗浄機 WD-150

治療で使用した器具を、全自動洗浄するシステム。手洗いによる洗いムラを回避することで、診療器具の衛生管理を徹底しています。

「WD-150」のオフィシャルサイトへ≫WD-150

お手洗い・パウダールーム

トイレ内でなるべく物に手を触れないで済む、清潔感のある空間にしています。

治療の流れ

初回

カウンセリングを行い、今後の治療の流れやおおまかな費用について説明をします。緊急の場合(我慢できない痛みがある、どうしても今日から治療を開始して欲しいなど)は、応急処置などもいたします。

矢印

2回目

現状を把握し、今後の治療に役立てるために、歯型の作成、口の中の写真を撮影します。

 

初回診査では、

①口腔内写真撮影(5枚法+顔貌写真など)

②パノラマX線写真

③診断用模型(study model)

④フェイスボウ・トランスファー◎

⑤咬合診断

⑥歯周組織検査

を行います。加えて必要であれば、デンタルX線写真やオプションでセファロ写真(頭部X線規格写真)も撮影します。

矢印

3回目

2回目に行った初回診査の結果をもとに、治療計画を作成させていただき、料金や治療方法・利点欠点・予後などを詳しく説明させていただきます。

治療計画はほとんどの場合、数種類の治療方法が選択肢として上がるため、それを患者さん自身が納得し、ご自身で決定していただいたうえで治療に入っていきます。

 

PageTop