2014.11.30更新

こんばんは。朝はそこそこ陽射しがあり暖かいかなぁと思っていたら、午後になってから急に冷え込んできました。

 

本日は左上前歯を抜歯してインプラント(他の場所も)と診断され、当院に相談にいらっしゃった方の症例です。

en001

かなり昔に歯が虫歯でとれてしまい、それを放置してしまったそうです。確かに周りの歯肉も盛りあがってしまい状態は良くなさそうです。

しかしエックス線写真と触診したところ、動揺もなく虫歯をとってもそこそこ根の長さを確保できそうだったので、根の治療を行い保存する計画を立てさせていただきました。

 

en002en003

①1回目まずは、レーザーにて歯肉整形をし、虫歯を除去してから根の治療スタート。実はこの歯、神経が生きていました。虫歯をとっている途中で神経のお部屋が出てきて、出血と痛みがありました。

 麻酔をさせてもらい、抜髄処置へ。根の長さを測って、お掃除しました。

②2回目。痛みなどの症状もなかったので、根管充填。今回は加熱式の方法で根管充填しました。

次回はファイバーポストにて土台をつくります。最終的には歯肉の手術(フラップ手術)も行う予定です。

 

浦和駅より徒歩1分 さいたま市浦和区で自由診療専門歯科医院の COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

昨今、『抜歯してインプラント』というフレーズを非常に多く耳にします。歯を残すことの大切さを忘れていませんか?? 遠回りでもまずは歯を残す治療を試みる努力を見直しても良いのではないかと強く感じます。

投稿者: コジデンタルオフィス

2014.11.28更新

こんにちは。 浦和は今日の午前中一時雨がぱらつきましたが、お昼過ぎには止んでくれました。

 

本日は適合が良すぎた結果の出来事です…

PFZ(ジルコニアフレームオールセラミックス)を患者さんに仮どめで使ってもらい見た目や使い心地を確認してもらい、全く問題なかったとのことでした。

そして、仮止めをはずし本着けしようと思っていたところ…外れません……中くらいの強さの仮止め用接着剤を使っていたのに、びくともしません。

結構長いことトライしましたが、駄目でした。その結果…

PFZ kowasita

 

……壊させてもらいました。申し訳なかったのですが、適合が良いとはいえ仮止め用接着剤のままではいけません。(強度が弱いので、どこかしらに破壊がおきそこから虫歯が生じます。)

作り直しさせてもらい、今度は一番弱い仮止め用接着剤にて使用してもらい、今回無事本着けにすることができました。

適合が良すぎて、仮止め用接着剤でもびっちり安定してしまったのです。

 

浦和駅より徒歩1分 埼玉県さいたま市浦和区で自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

個室診療にて、マイクロスコープ・CTを完備し 精度にこだわってお口の中でいつまでも安定したものを提供します。

また、衛生管理も徹底して行っていますので、安心して治療をお受けいただけます。

投稿者: コジデンタルオフィス

2014.11.24更新

こんにちは。みなさん連休は楽しめましたか?

 

本日は当院で行っている、精密なかぶせものを作るための作業を紹介します。

歯にしっかりと合っていないかぶせものは、虫歯や歯周病の原因です。その隙間や段差を0にするのは不可能ですが、限りなく0に近づけるための努力を惜しんではいけません。

精密な印象(型どり)を行うことは大前提ですが、人の手によるものですから、エラーがないとは言えません。そこで、それを一回で完成ではなく本当に正確に型どり出来ていたのかを確認するための作業を一回行わせていただいています。

cap001cap002cap003

 

こうすることで、よりエラーの少ないかぶせものを提供できるわけです。

一回分治療が多くかかりますが、お口の中で長い期間使っていくものなのでぜひご理解いただきたいです。

 

浦和駅より徒歩1分。 さいたま市浦和区で自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

マイクロスコープ・CTを完備し、個室にて精密でしっかりとした治療を行っています。

かぶせものを見た目だけで入れるのはやめましょう。お口に入れてずっと使っていくものです。

 

投稿者: コジデンタルオフィス

2014.11.21更新

こんばんは。 昨日は思ったより強い雨でした。 みなさん大丈夫でしたか?

 

本日は、少し前に報告させていただいた神経のお部屋が出てしまった歯に、MTAというセメントを使って直接覆髄を行った症例の続報です。

結果から言いますと、痛みもなく神経は無事温存できました。

dp01dp02dp03dp04

 

今回の写真は前回仮にしたふたを一部除去し、次回の型どりの詰め物用の下地作りの写真です。

①もともと入っていた金属の詰め物がそもそも不適合で、歯肉がその隙間に向かって入り込んでしまっています。

②レーザーを使用して、埋まっている歯をきれいに出します。

③これは新しいふたの材料をくっつけたところです。しっかりと歯から立ち上がっています。

④エックス線写真で確認。問題ないと思います。

今回もマイクロスコープによって精密に治療ができることがよくわかると思います。ものすごく目の良さに自信がある人は別ですが、わたしはマイクロスコープの恩恵を十二分に受けています。

 

次回へ続く…

 

浦和駅より徒歩1分。 さいたま市浦和区で自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

見えないならば、マイクロスコープやルーペ(拡大鏡)を使って、少しでも精密な治療を行うのが患者さんのためだと思います。

投稿者: コジデンタルオフィス

2014.11.13更新

こんばんは。 今日は天気が良かったですが、気温は低めでしたね。

 

本日は、虫歯の治療中に虫歯が深く、神経のお部屋まで到達してしまった症例についてです。

201411130120131113022014111303

①1枚目の矢印の所が神経のお部屋が一部出てしまったところです。(当然のことですが、ラバーダムをして顕微鏡下で処置しています。)

②消毒・止血をして、MTAセメントにて直接覆髄をしたところが2枚目です。

③その後別のお薬にて2重にふたをしました。

④3枚目の写真は処置後のレントゲン写真で、矢印の所が神経のお部屋とMTAセメントの部分です。

今後、痛みが出てしまった場合、残念ながら神経をとる治療(抜髄)をしなければなりませんが、症状が出なければこのまま神経を温存することが可能です。

当然100%成功の治療ではないですが、神経を温存できるのならばまずはやってみる価値のある治療でしょう。

この処置を裸眼でやる自信はありませんww

 

次回へ続く…

 

浦和駅より徒歩1分。

さいたま市浦和区で自由診療専門歯科医院の COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス です。

マイクロスコープ・CTを完備し、ご自身の歯を生涯にわたりお使いいただけるような治療を心がけています。虫歯ひとつの治療でもしっかりと治療すれば、その後の再発や進行を大きく変えることができます。

投稿者: コジデンタルオフィス

PageTop