2015.03.15更新

こんにちは。今日も浦和は風が強いですけど、快晴です。

 

本日は、前回ご紹介したNUK soother(おしゃぶり)の姉妹品である、哺乳瓶です。

入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。

外箱の商品説明です。形状もそうですが、穴の位置が特徴的です。

 

図ではわかりずらいと思いますので、実物がこれです。

入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。

わかりますか? 横から見たときにまず上・下があり、下面の矢印←のところが穴です。

ニップルの形状が特殊な形をしているのがわかると思います。正しくはこれが特殊なのではなく、日本で一般的になっている形状が特殊なんです。

 

赤ちゃんが舌を上あごに押し付けて正しい哺乳行為を出来るようになっています。

日本で一般的な形状のものですと、赤ちゃんは自分の力で吸うよりも大量のミルクが口に流れ込んできてしまい、それを舌で流れ込んできすぎないようフタをするように舌を前に突き出すような嚥下行動をとるようになってしまいます。

そうすると、舌圧と頬圧のバランスにより、前歯の前方突出や開咬・上顎臼歯の狭窄などが起こりやすくなります。

遺伝的要素もありますが、正しい嚥下による舌と頬のチカラによりきれいな歯並びがつくられます。

 

こちらの商品も当院での販売はありませんが、見本がありますので興味がある方はお問い合わせください。

 

 

浦和駅より徒歩1分。さいたま市浦和区で、自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス 浦和です。
マイクロスコープ・CTを完備し、個室にてしっかりと時間を確保して、ご自身の歯を残すことを第一目標に予防と精密な治療を行ないます。
マイクロスコープはダイレクトボンディングや根管治療(根の治療)では欠かせない存在です。
インプラントもCTを用いたテンプレートを作成し、狂いのない安全な手術を提供しております。

入れ歯(義歯):当院では、よく噛めてバネも必要のない精密なドイツ式の入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯やリーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。また、マグネットを用いた入れ歯も選択肢として非常に素晴らしいものです。
 今まで入れ歯だとよく噛めないやはずれやすい、痛いなどでお困りの方は、是非ご相談ください。インプラントも非常に良い治療法であることは間違いないですが、ドイツ式の正統派コーヌステレスコープ義歯は本当に素晴らしいものです。

審美歯科・アンチエイジング:当院のオフィスホワイトニングは、半導体レーザーを用いて、最短で2分〜4分でホワイトニングが出来ます。光をあてる時間が短いほうが歯へのダメージが少なく、知覚過敏などの不快症状を起こしにくいです、
求める白さによりますが、長い時間光を当てればより白くすることも出来ます。
ただし、よりしっかりとした白さをご希望の場合はホームホワイトニングを併用した方がより良いです。

 

 

歯並びは、先天的(生まれつき)であったり、後天的(乳歯列時代の乳歯早期喪失による永久歯のはえるスペース不足や外傷など)にも不正を生じます。

では、このような虫歯はどうやったら予防できるのでしょうか? 歯並びを良くすればそのリスクを減らすことは出来るでしょう。

しかし、最も大切なことはとても単純です。 しっかりとした歯磨きと定期健診です。

しっかりとした歯磨きをするには、お口に合った歯ブラシを使うことや正しいブラッシング法を行うこと・歯ブラシ以外の補助清掃器具(歯間ブラシとデンタルフロス)を併用することです。

ところが、それだけではダメです。 もっともっと重要なことは、ご自身のお口の中(歯並びや歯の形)を知ることです。

それがわかっていれば、どこに何を使って、どのように磨けばいいかがわかるはずです。

健康診断などでご自身のコレステロール値や尿酸値などの血液検査の結果を把握するように、消化器官の入り口であるお口の状況・状態も是非しっかりと把握してください。

 

投稿者: コジデンタルオフィス

PageTop