2015.02.24更新

こんばんは。  今日の浦和は曇り空でしたが、そこまで寒くはありませんでした。

 

本日は昨日紹介させていただいた、『ラビリントレーナー』の使用方法をお伝えします。

ラビリントレーナーは、嚥下機能の強化だけでなく、ほうれい線やあごのたるみの解消などの効果があります。

また、使用していただいた患者さんからは「つばが良く出るようになった。」「口の渇きが減った。」と、口腔乾燥に対しても非常に良い結果をいただいてます。

 

お口やお身体の機能の面だけではなく、外見などの見た目の面においても、アンチエイジングにとても良い効果があります。

 

入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。入れ歯(義歯)や顎関節症でお悩みやお困りの方は専門のさいたま市浦和のコジデンタルオフィス浦和で検索。インプラントや根管治療だけでなく、矯正治療もCTとマイクロスコープで精密に安全に行っています。審美歯科治療では、ホワイトニングやクリーニングだけでなくアンチエイジングのサプリメントも取り扱っております。

 

浦和駅より徒歩1分。さいたま市浦和区で、自由診療専門の歯科医院 COJI DENTAL OFFICE コジデンタルオフィス 浦和です。
マイクロスコープ・CTを完備し、個室にてしっかりと時間を確保して、ご自身の歯を残すことを第一目標に予防と精密な治療を行ないます。

マイクロスコープはダイレクトボンディングや根管治療(根の治療)では欠かせない存在です。

インプラントもCTを用いたテンプレートを作成し、狂いのない安全な手術を提供しております。

 


入れ歯(義歯):当院では、よく噛めてバネも必要のない精密なドイツ式の入れ歯 (コーヌステレスコープ義歯やリーゲルテレスコープ義歯、レジリエンツテレスコープ義歯)などを提供しています。また、マグネットを用いた入れ歯も選択肢として非常に素晴らしいものです。

 今まで入れ歯だとよく噛めないやはずれやすい、痛いなどでお困りの方は、是非ご相談ください。インプラントも非常に良い治療法であることは間違いないですが、ドイツ式の正統派コーヌステレスコープ義歯は本当に素晴らしいものです。

 

審美歯科・アンチエイジング:当院のオフィスホワイトニングは、半導体レーザーを用いて、最短で2分〜4分でホワイトニングが出来ます。光をあてる時間が短いほうが歯へのダメージが少なく、知覚過敏などの不快症状を起こしにくいです、

求める白さによりますが、長い時間光を当てればより白くすることも出来ます。

ただし、よりしっかりとした白さをご希望の場合はホームホワイトニングを併用した方がより良いです。

 

『歯を失う原因は老化ではない』

 

事故などの外傷を除き、歯を失う初めの原因は虫歯と歯周病です。これは、感染症であり原因を除去すれば予防をすることが出来ます。 予防法に関してはとてもここで話が終わる内容ではない(妊娠前からの母子感染を意識することまで話が広がってしまう)ので、割愛させていただきます。ただし、基本的にはプラークコントロールが全ての基礎と考えております。

 

そして、う蝕などで歯牙の一部または全部を失った場合、今度は我々歯科医師の治療の良し悪しが非常に大きなウェイトを占めてきます。詰めもの、被せ物の精度が悪ければ、患者さんがどんなに努力をしてプラークコントロールしてもさらなる歯の喪失を招きます。噛み合わせがしっかりと調整出来ていなければ、力の不正なコントロールにより歯を失います。

それらを放置することは、噛めないだけに留まらず顎関節症を引き起こしたり、消化不良による身体への悪影響、姿勢の悪さなどを引き起こします。

つまり、歯を失う原因は老化ではないが、『歯を失うことで見た目だけでなく、全身の機能の老化を招いている』というのが当院におけるアンチエイジングの考え方です。

 

投稿者: コジデンタルオフィス

PageTop