Clinic

医院紹介

完全自由診療にしかできない治療があります。

院長挨拶

COJI DENTAL OFFICE院長の吉野真弘です。

当院では、

 医療とはその時に出来る(最新ではなく)最善かつ最適の治療を提供すること

をモットーに予防と精密で安全な治療に取り組んでいます。

ゆえに、何がその患者さんの為に最善なのかを考えた結果、保険診療という国が定めた社会主義的な縛りの多い歯科医療ではなく、自由診療専門という形態をとらせていただいております。

現在の日本では、1時間の間に3~4人を診療する保険を使用した並列診療がメインとなっています。実際に時間のかかる治療でも、一人当たりにとれる時間は20分程度で、患者さんに何回も来院していただくことになります。また保険治療内では、患者さんの症状に最も適合する薬や材料が提供できない場合もあり、それが治療の低下へとつながってしまうのです。

先進諸国において、このような煩雑な治療は行われていませんし、お口の中で酸化して黒くなるような保険の銀歯なんて使用されていません。

自分が治療をしてもらうならば、と考えたら答えはひとつです。また治療の一部をアシスタントに任せたりせず、ドクターが責任をもって最初から最後まで行ってこそ、患者さんは安心し、信頼関係が築けるのではないかと思います。

それらの問題をクリアにするためにはじめたのが完全自由診療です。自由診療であれば、患者さん一人に1~2時間と長い時間をかけることができ、ドクターがすべてをみることが可能なのです。また保険という制約がないために最高の治療法を提供することができるのです。 歯というのは年をとってもずっと付き合っていくものです。自分の歯をきちんと残すためには、上物だけにお金をかけるのではなく、土台である根っこをきちんと治療することも重要です。私自身、大学時代に根管治療の大切さを教わり、治療をするときはまずスタートの時点で精密な検査をすることが大切だと知りました。ここをおろそかにして、根っこの治療を正統に行わないと、理由がわからないまま痛みの再発を繰り返す、体全体の健康に影響を及ぼすということが起きてしまいます。その結果インプラントをすることになると、年をとってからのメンテナスが非常に大変です。
できる限りインプラントを使用せずに、健康な歯を残す方法を皆さんと考えていければと思います。

略歴

埼玉県立浦和高等学校 卒業
日本歯科大学 歯学部 卒業
都内開業医にて勤務
日本歯科大学附属病院 総合診療科 勤務
千葉県開業医にて勤務
2014年4月 COJI DENTAL OFFICE 開業

所属

コジデンタルオフィス~6つの強み~

最新機材による安心で精密な治療

口の中の細部まで拡大できるマイクロスコープや、歯を3Dで撮影できる歯科用CTを導入しています。これにより根管などの奥深い部分でも精度の高い安全な治療が可能に、また今まで見落とされていた小さな病変なども、見逃さずきちんと発見することができます。

また、CTによりインプラントの手術もより正確で安全に治療ができます。

徹底された衛生管理

院内感染を防ぐため、患者さんの口の中に入る治療器具の衛生管理は徹底しております。器具除染用洗浄器で治療器具を洗うことで、手で洗ったときのような洗いムラや洗い残しを排除しました。また布や治療器具は最上位機種の高圧蒸気滅菌器で滅菌したあとにパッキングをするため、使用する直前まで無菌状態を保つことができます。
治療後に口をゆすいでいただく水も、ドイツのユニtットによる循環消毒された安全な水を提供しています。

また、マスクやグローブ・エプロン・診療用器具なども可能なものはなるべく使い捨て(ディスポーザブル)にしています。

浦和駅徒歩1分の立地

浦和駅西口から伊勢丹沿いに進んで徒歩1分の、駅から近い場所に位置します。近くには提携コインパーキングもありますので、仕事や買い物帰りなどご都合に合った時間に来院していただきやすいです。

患者さん一人ひとりに時間をとった治療

当院では患者さん一人に対して、1回の治療で1~2時間ほどの時間をとっています。患者さんに安心していただけるように、ドクターが1から最後まですべての治療を精密に行うためには、これくらいの時間が必要です。その分、1回の診察で3つの根管治療を行うなど、保険治療のクリニックよりも一度に治療を進めることができます。通院回数を少なくすることで、患者さんの負担を減らせればと思っております。

完全オーダーメイドの治療をコーディネート

カウンセリングや検査をもとに、患者さんの意向に沿った治療計画を立案し、相談したうえで治療を行っていきます。自由診療だからこそ、使える素材や行える治療方法もさまざまです。

たとえば、虫歯をとった後に詰める白い樹脂の詰め物にも実は保険適用のものと適用外のものがあります。色のバリエーションや耐久性が違うのです。

入れ歯(義歯)の設計ではさらに顕著で、保険内では2種類くらいしか設計ができませんが、世界的に見てもあり得ない状況です(そもそも保険で当たり前のように使われているワイヤーを曲げたバネは、ドイツなどでは授業で教えてもいません)。

セカンドオピニオンの相談

他院での治療に不安や不満を抱いている患者さんに対して、セカンドオピニオンを行っております。そのような患者さんに対しては、カウンセリングと口の中の状態確認を行い、症状の説明や当院での治療方法をお伝えしています。

※CT・デジタルレントゲンの撮影のみも行っております。

完全自由診療だからできること

当院では保険診療を一切行っておりません。
患者さん一人ひとりに対して、ドクター自身がカウンセリングから診査診断、治療計画立案、治療まで、すべてのステップを行っています。そのため1回の治療には1~2時間など長い時間をとっており、それが通院回数を減らすことにもつながっています。これらのことを保険治療の範囲で行うのは、非常に難しいといえます。
また患者さまにとって最良の治療を受けていただくためには、保険治療という枠に囚われずに、症状に合った最適な治療法や材料を選んでいただくべきだと考えております。 さらにコストの関係で保険治療では導入が難しい最新治療機器や、徹底した衛生管理なども、当院では可能にしております。

PageTop